漫画で解説!福利厚生と社内制度

調査などでは、保育士が離職する原因の多くは待遇にあると指摘されています。
東京児童協会では、長く働き続けていただきたいからこそ、待遇や福利厚生も充実させています。

福利厚生・社内制度

当法人では、各園の園長や主任保育士・クラス担任を務めるリーダーたちが中心となり、それぞれが実務で習得した得意分野の研修を法人内で行っております。日々の保育にすぐ実践できる内容を主に、時には職員の心が豊かになるような特徴のある研修も取り入れ、ライフスタイルの充実も目的の一つです。

福利厚生・社内制度の例

  • メンタルヘルスケア

    職員が心身とも健康であるかをチェックするため、外部専門機関による個人メンタルカウンセリングを年3回、ストレスチェック診断を年1回実施しています。

  • 社内サークル活動

    仕事以外の場での職員の交流やストレスの解消のため、2015年からスタートしました。現在あるのは、お散歩サークルやフットサルサークル、沖縄舞踊のサークルなどです。

  • 職員レクリエーション

    数年に一度、法人職員運動会を開催しています。各園対抗運動会なので園の団結力が強まります。リレーや、綱引き、ドッチボールなど毎回盛り上がります!

  • 時短勤務制度

    小さなお子さんのいる方や、ご家族のご事情などでフルタイムで働くことが難しいケースを考慮して、時短勤務やパートタイムでの勤務、曜日等を限定した働き方など、多様な働き方ができる制度を整えています。

  • 産休・育児休暇

    正職員・非正規職員が産休・育児休暇を毎年取得しています。復帰しやすい制度もあり、働きやすい職場を目指しています。